キョウ きょうぼうざい3

Blog「みずき」:このようなNHKの世論調査をジャーナリズムの世論調査というべきでしょうか? 「テロ等準備罪」の新設を必要と思うかどうかという世論調査をしたところ「必要46% 必要でない14%」という回答を得たというのです。その世論調査の結果が正当な手法を通じて行われたものであれば、その結果はそれぞれの主張の相違を超えて尊重されなければならないでしょう。しかし、今回のNHKの世論調査の「政府が組織的なテロや犯罪を防ぐため、「共謀罪」の構成要件を厳しくして「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法の改正案を今の国会に提出する方針であることをめぐり、こうした法整備が必要だと思うか」という質問項目は明らかに誘導的です。「組織的なテロや犯罪を防ぐため」という法改正の理由を前段に置かれて、その上で「あなたは法改正に賛成ですか、反対ですか」と問われて、テロや犯罪は誰でも防ぎたいものですから、その法改正の理由を上回る別の否定的情報を持っていない以上、同法改正に異を唱える者はいないといってよいでしょう。したがって、メディアとしては、法改正の是非を問うのであれば、政府側の法改正の理由とともに同法案の問題点をも列挙して法改正の適否を聞くのが筋であり、正当な手法というべきものです。今回のNHKの世論調査はその筋を完全に外しています。そのNHKの手法を私は正当なものとはみなせません。「テロ等準備罪 必要46% 必要でない14%」という今回のNHK世論調査の結果は無為の情報というべきものです。

【山中人間話目次】
・NHK世論調査の世論操作
・澤藤統一郎さん(弁護士)の「法学セミナー」2017年2月号の天皇の生前退位問題に関するにおける横田耕一さん(九州大学名誉教授)発言の要約的解説
・権力とは畢竟、人を殺す狂気の謂か
・日本ではマスコミが安倍・トランプ会談「大成功」と喝采し、支持率はNHKが58%、共同が62%。さすがにファシズムの国、日本