FC2ブログ
すでにご存じの方も多いかと思いますが、「九条の会」呼びかけ人の大江健三郎氏、奥平康弘氏、澤地久枝氏の3氏はこの5月17日に記者会見をおこない、「九条の会のみなさんへ」というアピールを発表しています。同会事務局長の小森陽一氏(東大教授)によれば、「2004年6月10日の『9条の会』結成アピール以来、はじめての、すべての『9条の会』への行動提起」だということです。作家の大江健三郎氏は上記の記者会見で日本国憲法をめぐる状況は「9条の会」の「発足から一番危険な段階にさしかかっている」とその危機感を述べていますが、今回の「九条の会のみなさんへ」というアピールは「九条の会」呼びかけ人のそうした危機意識を反映したものといえるでしょう。

小森陽一:改憲反対の多数派形成を訴える(連帯・共同21 2013年5月28日)

さて、上記の大江健三郎氏ら「九条の会」呼びかけ人の危機意識は、いうまでもなく自民党を主軸とする保守・改憲勢力が衆院において3分の2の議席を優に超え、この夏の参院選挙しだいでは衆院、参院を含め国会勢力全体として3分の2超えをする可能性が強いという、すなわち、独裁政治による壟断(ろうだん)の危機という意味において戦後最大といってよい政治危機を背景にした危機意識です。

そうであれば、国会(衆院・参院)における改憲勢力の3分の2超えを阻止しなければなりません。そのためには非改憲勢力、すなわち護憲勢力の結集が必要です。そして、護憲勢力の結集のためには「9条改憲」阻止以前の問題として「96条改憲」阻止のための結集が必要です。「9条改憲」阻止という点では意見を異にしていても、「96条改憲」阻止という点では意見をともにするということは少なくありません。そのひとつの好個の例が先頃憲法96条「改正」に反対の学者が中心になって結成された「96条の会」(代表:樋口陽一東大名誉教授)ということになるでしょう。発起人には護憲派だけでなく9条改正を唱える改憲論者も名前を連ねています。「96条の会」には大同団結の思想(日本的な意味でも西欧的な意味でも)が息づいているようです。