東京都知事選は今日告示されましたが、3日ほど前に連合東京が同都知事選立候補者の猪瀬氏支持を決めたという報道が流れました。

29日告示の東京都知事選で、連合東京は26日、都副知事の猪瀬直樹氏(66)を支援することを決めた。

連合東京は、猪瀬氏と都知事選の支援をめぐって協議し、雇用・労働者政策について定期的に意見交換する場を設けることで一致したという。大野博会長は「帰宅困難者対策など、5年半の副知事の実績を評価した」と説明する。

連合東京を支持基盤とする民主党都連は、都知事選の自主投票を決めている。
(「連合東京、猪瀬氏を支援 都知事選」朝日新聞 2012年11月26日)

連合東京といえば東京都内で働く99万人の労働者を組織する(家族を含めれば数百万人の単位になるでしょう)大きな組織ですからこれまでの石原都政の正統な継承者であることを売りにして出馬した猪瀬氏に対抗する反猪瀬勢力=いわゆる革新勢力の側としてはため息が出たり、猪瀬氏断然有利の悲観論が出たりするのはある意味無理からぬところというべきでしょう。

しかし、そうではない。連合東京の猪瀬氏支持の決定は所詮引かれ者の小唄にすぎない、ということを述べたのが以下(12月27日記)です。

連合東京、猪瀬氏を支援」(朝日新聞 2012年11月26日)。

上記が絶望を通り越して眩暈のするこの国の労働運動と政治状況の惨憺たる現状の一局面です。

しかし、連合はもはや理念としての労働組合の体をなしていないことはもちろん、組織自体の問題としてももはや「連合」(連なり合わさる)の体もなしていません。

ひとつの具体例。

10年ほど前に大分県では1979年から2003年まで6期24年間同県知事の職にいた平松守彦氏の退陣を求める無党派市民の運動が高まったことがあります。その平松県政批判の声をかわすかのように同氏の後継候補として指名されたのがその前年まで経済産業省の初代事務次官の職にあった大分県日田市出身の広瀬勝貞氏(現知事)でした。広瀬氏は当時県知事の平松氏から直々に指名された後継候補ということもあり、自民党、公明党、連合大分など600を超える団体からの推薦をとりつけて圧勝と思われていました。しかし、広瀬氏の対抗馬として出馬した無名の新人候補者の元商社マン(現在の吉良州司民主党・衆院議員)に約26,000票差の僅差まで追い上げられるという大分に「無党派の風」が吹いて(吉良氏はこの「無党派の風」を僭称、横取りしたにすぎないのですが。詳しくは下記記事参照)広瀬氏は辛うじて当選するにとどまりました。

注:「大分に「無党派の風」は吹いたか――市民的(パブリック)なもの、庶民的(ポピュリズム)なもの、市民運動的(シビル=ムーブメント)なものについて」(弊ブログ 2003年6月13日付記事)

ここでの具体例で示しておきたいことはひとつ。すでに10年前の段階で「連合」という組織は組織の体をなしていなかったということ。大分県の労働者の多くは「連合」の締めつけなどなんのその。その強引な締めつけを撥ね退けて連合推薦候補者以外の無党派候補者に雪崩を打って、かつ、自らの意志で投票した、という事実です。

このような連合はそう遠くない時期に滅びるべくして滅ぶでしょう。

東京を自業自得に滅びゆく者が跳梁、跋扈する都市にしてはならない。

東京は私たちにやさしい希望都市、人にやさしい希望都市として私たちの手で再建しなければならない。

「連合東京、猪瀬氏を支援」するという報に接して、改めてそういう思いを強くしました。

注:なお、連合東京会長の大野博氏の出身労組は東京都電力総連だということも私たちが知っておいてよい事実でしょう。注として挿入しておきます。

前々回の東京都知事選に出馬した元宮城県知事の浅野史郎氏(現慶應義塾大学総合政策学部教授)の担ぎ出しの端緒をつくったのは「浅野さんのハートに火を点けよう」という草の根の運動でした。そして、その草の根の運動の大きな一翼を担ったのはジェンダー研究者を中心にして集まった女たち、男たちの全国的規模のメーリングリストでした。

3、4日前のこと。そのメーリングリストで、東京都知事選立候補予定者の宇都宮けんじさんの政策リーフレット「希望の政策」(8項目)にジェンダー平等についての項目が立てられていなかったことについて少なくない批判の声が集中していました。

「私は怒っています」(某ジェンダー研究者)

リーフレットの8項目を読み、心底びっくりしました。このままでいいはずはありません」(某女性センター理事)

「最初は私もえっ?と思いました。(注)」(女性ジャーナリスト)。

注:しかし、この女性ジャーナリストの発言は次のように続いていました。

「が、宇都宮さんのお話しの中身は、福祉、人権という言い回しを使いながら、女性の貧困や女性の人権侵害の現状について実態をよくご存知で、対策も真剣に考えているとの印象を持ち、心強く感じました。『ジェンダー』という言葉がないことをもって、わかっていないというのは、少し違うかな、と思いました。」

ともあれ某ジェンダー関係のメーリングリスト上でこのような批判が少なからず集中していたことは事実です。しかし、そうした声は東京都知事選立候補予定者の宇都宮けんじ氏のもとへも直接届けられてもいたようです(たとえば「女たちの勝手連 有楽町イトシア」の集会などで)。

そういうこともあって、昨日発信された「希望都市、東京へ。宇都宮けんじ通信」(2012年11月27日号)に前回発表された「宇都宮けんじの“希望の政策”8」をさらに拡充した選挙戦本番用として正式な「宇都宮けんじの“希望の政策”12」が発表されています。そして、その「希望の政策 12」の11番目の項目が「女性の力を都政に反映」ということになります

●希望の政策 11
女性の力を都政に反映
あらゆる政策決定の場に女性の参画を進めます。ウィメンズプラザを拠点に男女平等を推進、貧困に苦しむひとり親家庭への支援と、雇用の男女均等待遇を実現させます。

宇都宮けんじさんはやはり「学ぶ人」でした。25日にあった「女たちの勝手連 有楽町イトシア」での女性たちの意見に宇都宮さんは大いに学ばれたのでしょう。

そうした「学び」が「宇都宮けんじの“希望の政策”12」となって結実しているのだと思います。

以下、「希望都市、東京へ。宇都宮けんじ通信」(2012年11月27日号)より《宇都宮けんじの“希望の政策"12》をピックアップしておきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 宇都宮けんじの“希望の政策"12
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「希望の政策」4本の柱が12項目で固まりました。
http://utsunomiyakenji.com/seisaku.html
「希望都市、東京へ」向けてスタートダッシュです。
政策はさらに充実していきます!

希望の政策 1
脱原発、再生可能エネルギーを東京から
東京が脱原発に進めば、日本は一気に変わります。都内の公共施設屋上をすべて太陽光発電所にし、各家庭3万軒への太陽光パネル普及など、都が新 エネルギー転換への先頭に立ちます.

希望の政策 2
放射能汚染対策の徹底を
未来を担う子どもたちの食の安全性確保は緊急課題です。都内各地の汚染状況の専門的調査を早急に実施、結果を公開します。がれき焼却は凍結しま す。

希望の政策 3
仕事を増やす、仕事を創る
新エネルギー産業や、高い技術を持つ町工場、商店街の復活を支援し、新たな仕事を創出します。正社員の数を増やし非正規雇用の労働条件を改善し ます。
最低賃金制度の改正に都が積極的に乗り出します。

希望の政策 4
安心して子育てできる東京へ
保育所を増やし、待機児童をゼロにします。就学援助の都独自基準を作り子どもの貧困を大幅に減らします。私立高校の都独自奨学金を拡充します。

希望の政策 5
いじめのない学校を
専門家だけでなく親も参加した「東京都いじめ問題対策会議」を設置します。
子どもの声、親の悩みを受け止める相談窓口、オンブズパーソンを開 設・充実します。

希望の政策 6
すべての都民に必要な医療を
国民健康保険料を値下げし、国民健保から漏れている人ゼロを目指します。高校生までの医療費の無料化で、健康都市東京を実現します。

希望の政策 7
高齢者がゆったり暮せるまちに
24時間在宅ケアを目指します。特養老人ホーム待機者を段階的にゼロにします。介護労働者の労働条件改善を国に要求します。

希望の政策 8
首都直下型地震に備え、公共施設は3年以内に耐震強化工事を実施し、各住宅の耐震化工事には都が援助を行います。東京湾石油コンビナートの防災 対策を強化します。

希望の政策 9
若者や子育て世帯が入居できるように、都営住宅の建設を再開して入居基準を緩和し、空き家を借り上げて公共住宅として活用します。

希望の政策 10
表現の自由を保障するために、漫画規制、デモ規制、クラブ規制などを見直します。

希望の政策 11
女性の力を都政に反映
あらゆる政策決定の場に女性の参画を進めます。ウィメンズプラザを拠点に男女平等を推進、貧困に苦しむひとり親家庭への支援と、雇用の男女均等 待遇を実現させます。

希望の政策 12
憲法が生きるまち・東京へ
輸出国日本の経済は周辺国と平和な友好関係なしには成り立ちません。首都東京を国際平和都市に。アジアの都市との交流を進めます。

希望の東京政策は、住民参加で実現します
開かれた東京を目指し、情報公開ナンバー1の都市を創ります。住民投票条例をはじめ、都の行政のすみずみまでに都民の意見を反映していく仕組み をつくります。
以上、宇都宮さんの政策は、きわめて具体的。脱原発・再生可能エネルギー、雇用創出、地震災害対策、待機児童ゼロ、高齢者福祉、教育、憲法、放 射能対策・がれき処理凍結、マンガ・クラブ・デ モ規制、女性の力、情報公開……。ぜひこれらの政策をひろく伝えてください!
「人にやさしい東京をつくる会」の「希望都市、東京へ。宇都宮けんじ通信」(2012年11月23日-2号)に「宇都宮けんじ勝手連情報」ブログが立ち上げられたという情報が掲載されています。

私は「宇都宮けんじさんを応援する大分・勝手連」を勝手に立ち上げてきょう同ブログに登録しました。そして、以下のようなメールを地元のメーリングリストに発信しました。

みなさまへ

東京都知事選に立候補表明をした宇都宮けんじさんを勝手に支援する「宇都宮けんじさんを応援する大分・勝手連」を立ち上げてきょう「宇都宮けんじ勝手連情報」ブログに登録しました。

宇都宮けんじさんは大分県・杵築市のご出身です。

できましたら多くのみなさまのご参加をお願いします。登録方法は以下です。

メールアドレス:higashimoto.takashi@khaki.plala.or.jp 宛て

または、

「みずき~『草の根通信』の志を継いで~」ブログ:http://mizukith.blog91.fc2.com/
のBlogMail(右側ブログパーツの上から2番目)から送信

お名前とご住所(○○市まででOKです。県外者=大分県出身者ももちろん可)、それに一言コメントをつけてお知らせくだされば幸いです。

注1:お名前とご住所の登録以外はなんらの義務もありません。
注2:「宇都宮けんじさんを応援する大分・勝手連」は12月15日24:00をもって解散します。

上記の「宇都宮けんじ勝手連情報」ブログの「勝手連リンク」を見ると、まだこのブログの存在を知らない方が多いということが大きいのだと思いますが、いまのところ登録数はあまり多くはありません(私はすでに立ち上げられている勝手連をいくつか知っていますがその勝手連の登録もまだのようです)。「勝手連リンク」を賑々しく飾って目に見える形で「宇都宮コール」の輪をさらにさらに拡げたいものです。そういうわけでこれも勝手に「宇都宮けんじ勝手連情報」登録のお誘いをさせていただくしだいです。

また、「宇都宮けんじさんを応援する大分・勝手連」を立ち上げたことはすでに述べましたが、全国各地での「宇都宮けんじさんを応援する○○県・府・道勝手連」の立ち上げをあわせて呼びかけさせていただきたいと思います。勝手連はひとりでもつくることができます。これも賑々しく47都道府県揃い踏みで飾ることができれば「宇都宮コール」のイルミネーションはいっそう大きなものになるはずです。東京を「宇都宮コール」のイルミネーションで飾り尽くしましょう。


690526277.jpg  
imageCAUJ5L3K.jpg 
宇都宮イルミネーション
宇都宮健二 s_photo120667.jpg
宇都宮健児さん吉野作造


共産党系革新団体の「革新都政をつくる会」は前日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏が東京都知事選への出馬を正式に表明した9日に早々に宇都宮氏支持を決定していましたが、この19日、共産党は宇都宮健児氏支持を正式に決定しました。

都知事選、共産が社民と相乗りへ 宇都宮氏支持を決定(朝日新聞 2012年11月19日)
都知事選 日本共産党が宇都宮氏を支持(web 東京民報 2012年11月20日)
都知事選 宇都宮氏を支持 志位委員長が会談で表明 原発ゼロ・反貧困など 4つの政策に賛同(しんぶん赤旗 2012年11月20日)

すでに社民党と緑の党は宇都宮健児氏の支持を正式に決定しています。

宇都宮けんじさんへの支持を決定!(社民党東京都連合 2012年11月13日)
東京都知事選の候補予定者、宇都宮健児氏の支持を決定!(緑の党 2012年11月13日)

これでかつての社共共闘緑の党という実質的な革新共闘、革新統一候補が実現することになりました。
 
記(11月24日):

上記の政党以外にも下記の政党、政治家が宇都宮支持を表明しています。

■宇都宮けんじ氏の都知事選立候補を支持する声明(新社会党東京都本部 2012年11月14日)
■東京・生活者ネットワークは、 脱原発を掲げる宇都宮健児さんを“支持”し、都知事選を闘います(東京・生活者ネットワーク 2012年11月21日)
■宇都宮健児 候補予定者の支持を決定(国民の生活が第一 2012年11月21日)
■都知事候補の支援(菅直人OFFSIAL BLOG 2012年11月22日)

また、人にやさしい東京をつくる会の「宇都宮けんじ通信 2012年11月24日号」によれば、みどりの風も宇都宮支持を表明しているとのことです。

そういう意味でも今回の東京都知事選は「長く暗い時代」の続いた戦後史のページに「ぽっかり開いた青空」のような清々しさをもたらすあらたな展望を切り開く歴史的な選挙になったといってよいでしょう(注参照)。

東京になんとしてもマイブルーヘブン(私の青空)を取り戻したいものです。

注:「筑紫哲也さんの由布院盆地でのメディア批判~マスメディアよ、ジャーナリストたれ(2)」(JANJAN 東本高志 2006年12月2日)

「人にやさしい東京をつくる会」から第1号のメールマガジンが届きました。ご紹介させていただこうと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━* 希望都市、東京。宇都宮けんじ通信 2012年11月20日号 *━━
はじめまして。長らくお待たせ致しました。「希望都市、東京。宇都宮けんじ通信」第1号をお送り致します。
宇都宮けんじさんとともに人にやさしい東京、原発のない社会をつくっていきましょう。
■Topix
□ 宇都宮けんじさんからのメッセージ
□ 応援メッセージ
□ 宇都宮けんじさんが登場します
□メディアで紹介されています
□ 人にやさしい東京をつくる会 選挙対策本部長 上原公子(元国立市長)のご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 宇都宮けんじさんからのメッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさんと一緒になって石原都政を変える闘いに参加できることを、たいへん嬉しく思っております。私は、大きな組織もありませんし、あまりお金も ありません。市民のみなさんひとりひとりの協力なくして、この都知事選は闘えません。しかし、この都知事選を市民のみなさんと闘うことは、東京に 新しい民主主義を取り返す運動です。主権者が主権者のためにやる選挙です。ぜひみなさんと一緒に石原都政を転換し、東京に民主主義を取り戻した い、そう思っています。

原発のない東京をつくることは、原発のない日本をつくることです。そしてそれは、原発のない世界をつくること。原発のない未来を子どもたちにバトンタッチしましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆応援メッセージ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・宇都宮さんなら大丈夫。心から期待しています。(映画監督 山田洋次)

・いばらない、きどらない、飾らない。良心的で良識的で、だけど徹底的。公平で公正で、そして弱者の側に立ちきる。現場を持ち、社会に訴え、そし て政治に働きかける。私たちは闘う弁護士・宇都宮けんじに理想的な活動家像を見る。(反貧困ネットワーク事務局長 湯浅誠)

・人が生きていく痛みがわからない人が政治なんかやってはいけないです。差別の忌まわしさがわからない人に、「人権」なんて言葉を使ってもらって は困ります。原発に対しては、本音の部分では社会の流れが変わっていつか推進に変わろうとしている人が、選挙のためだけに「脱原発」なんて言葉を 使ってはいけないのです。あらゆるタブーの中で、私たちに許されなかったのは怒りを表現することです。心から笑って、抱き合うために、明日から選 挙の日まで、私たちは怒り続け、この怒りを優しさに手渡すためにしっかりとみつめていきましょう。(作家・クレヨンハウス主宰 落合恵子)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 宇都宮けんじさんが登場します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・20日(火)18:30~ @杉並産業商工会館大ホール
「杉並勝手連キックオフ集会 宇都宮けんじさんとともに人にやさしい東京を!」

・22日(木)15:00~19:00
「人にやさしい東京をつくる会」新事務所開きを11月22日
(木)15:00~19:00(スピーチや音楽は17:00~)に行います。どなた でもご参加できますのでぜひお越しください。
★新宿区四谷3-3 エスパス・コンセールビル2F★東京メトロ丸の内線「四谷3丁目」駅2分

・26日(月)19:00~ @蓮根地域センター・レクホール
「宇都宮けんじさんと明日の東京を語ろう 映像・トークライブの90分」(主催:人にやさしい東京をつくる会・板橋)

・27日(火)17:30~19:00@日比谷野外音楽堂
「宇都宮けんじさんと東京から脱原発を! 大集会」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ メディアで紹介されています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・「FRIDAY』(秋の特大合併号、現在発売中)
「都知事選候補 宇都宮健児弁護士 『貧乏とサラ金こそが我が原点』」。ご両親と一緒に写った子どもの頃の写真や、居候弁護士、通称「イソ弁」 だった20代の頃のエピソードなど盛りだくさん! ぜひご覧ください!

・IWJ 「宇都宮健児氏インタビューダイジェスト」
http://www.youtube.com/watch?v=p5ayy2Q04lI&feature=youtu.be
岩上安身さんによるインタビュー。脱原発、福祉、尖閣諸島問題などについて、とてもわかりやすく、コンパクトに4分にまとめてられています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 人にやさしい東京をつくる会選挙対策本部長・上原公子(元国立市長)のご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは、宇都宮けんじさんを応援する「人にやさしい東京をつくる会」が、発行する公式ブログです。一緒に、「希望都市、東京。」を 作っていきましょう。今日からは、みなさんが、宇都宮さんと同じ立場です。みんなでがんばりましょう。
これまで33年間、負け続けた、そして石原都政になって13年半、悔しい悔しい思いをしてきたこの怒りを、今までのやり方ではないやり方で、乗り 越えていきましょう。都民の選挙、市民自身の選挙にしていきましょう。

まずは、それぞれの地域に大いに勝手連を作ってください。これが今回の決め手です! そして、ツイッターやメール、フェイスブックなどで情報を拡 散してください。拡散することが、私たちのひとつの役割です。私たちがメディアに代わって、宇都宮さんのすごさ、素晴らしさを伝えていくのです。 宇都宮さんってこんなスーパー弁護士で、朝の連続ドラマの主人公になるような人生を歩んで来た人。こんな人が知事になったら、すごい! と。

宇都宮さんのイメージカラーはオレンジです。街じゅうをオレンジで染めてみませんか? 新しいメディアを自分たちで作りながら拡散すること、そ して勝手連をたくさんたくさん作って応援すること。とにかく、みんなの思いをひとつに、「宇都宮」にまとめることが大事です。ご努力をお願い致し ます。
------------------------------------
■発行:人にやさしい東京をつくる会
◇事務所所在地
〒160-0004
東京都新宿区四谷3丁目3番地 エスパス・コンセールビル2F
◇公式サイト
http://utsunomiyakenji.com
◇公式ツイッター
https://twitter.com/utsunomiyakenji
◇公式フェイスブック「宇都宮けんじ」
http://www.facebook.com/utsunomiyakenji
◇公式フェイスブック
「宇都宮けんじさんと東京を変える100万人サポーターズ」
http://www.facebook.com/utsuken.supporters
◇公式ユーストリーム(動画中継サイト)
http://www.ustream.tv/user/utsunomiya_kenjiTV
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あるメーリングリストに少し前に飯田哲也氏や古賀茂明氏は大阪エネルギー戦略会議内で内ゲバを起こして橋下氏と袂を分かった云々という記事が投稿されたことがありました(注)。

注:大阪市長の橋下氏、大飯再稼動で本性を現してから5ヶ月、今度は、「安全な原発」なら輸出するというのです。これ、毎日放送のVOICEが報じました。あれだけ脱原発と言っていたのに、安全な原発なら輸出して日本の経済を発展させるというものです。ヲイヲイ、です。安全な原発って・・・?このニュース見て、私は唖然です。

ところが、大阪エネルギー戦略会議は反発しており、飯田哲也さん、世界は原発から撤退、原発輸出などは時代遅れと批判しています。どうやら、橋下氏肝いりのエネ戦も内ゲバの模様です。これ、創の今月号で、大谷昭宏さんが、飯田さんや古賀茂明さんも橋下氏と離れ、残っているのは堺屋太一氏のみ(堺屋氏は大阪万博のドサクサにまぎれて福井に原発を建てたと10年以上前の噂の眞相の記事にありました)と言われていたことと一致します。

が、飯田氏は依然橋下サイドにいるようです。

飯田氏の最近のツイッタ―に次のような記事があります。

飯田哲也(いいだてつなり)
@iidatetsunari

NHKも報道。本当に解散か....?もしそうなら、小沢&維新封じと選挙後の連携で、野田官邸周りと自公が野合したか?
(NHK11/14)衆院選 来月4日公示・16日投票へ http://nhk.jp/N44Y5evj
2012年11月14日 - 3:36
https://twitter.com/iidatetsunari/status/268678741373353985

上記で飯田氏がのたまう「小沢&維新封じ」とはどういう意味か?

上記で飯田氏は野田民主党政権は「小沢&維新封じ」のために自公と野合して衆院解散に及んだ、と野田政権を批判しているのです。飯田氏の野田政権批判はともかく、上記の「小沢&維新封じ」という飯田氏のもの言いから明らかなのは彼はいまだに橋下・維新の会に軸足を置いたもの言いをしているということです。

飯田氏が「思想や信条を教育現場等で押しつけることへの橋下氏への異議を主張」していたというのはあくまでも選挙戦用のつくり話(ウソ)でしかなかったことは上記の一事を見ても明白です。飯田氏はいまでもあの違憲、違法、不当な思想調査アンケートを強行した反民主主義の道化師、プチ独裁、ポピュリストの橋下のブレーンなのです。

飯田氏は今日現在においても依然大阪市特別顧問のままです。

私の地元の「緑の党」が飯田哲也氏を呼んで原発問題講演会を開くという。それはいかんぜよ、と書いたのが以下の文章です(相当箇所に重複する箇所がありますがご容赦)。

飯田哲也氏が山口県知事選に立候補し、その飯田氏を勝手連的に応援しようという動きがあったとき、私は彼を批判する以下のようなメールを本MLに発信しました(2012年7月10日)。

四度、飯田哲也氏の「脱原発」主張のほんもの性の可否を論じる

その私の飯田氏批判のメールに対して、飯田氏は宇部市であった講演会で「思想や信条を教育現場等で押しつけることへの橋下氏への異議を主張」していたという反論メールがありましたが、その反論メールに対しても私は事実に基づいて飯田氏の左記のような主張は事実に反していること、すなわちウソであることを立証しておきました。

■四度、飯田哲也氏の「脱原発」主張のほんもの性の可否を論じる(追記部分参照
その私の上記の立証を裏づける発言を飯田氏は最近になっても繰り返しています。すなわち、次のような発言です。

飯田哲也(いいだてつなり)
@iidatetsunari
NHKも報道。本当に解散か....?もしそうなら、小沢&維新封じと選挙後の連携で、野田官邸周りと自公が野合したか?
(NHK11/14)衆院選 来月4日公示・16日投票へ http://nhk.jp/N44Y5evj
2012年11月14日 - 3:36
https://twitter.com/iidatetsunari/status/268678741373353985

上記で飯田氏がのたまう「小沢&維新封じ」とはどういう意味か?

上記で飯田氏は野田民主党政権は「小沢&維新封じ」のために自公と野合して衆院解散に及んだ、と野田政権を批判しているのです。飯田氏の野田政権批判はともかく、上記の「小沢&維新封じ」という飯田氏のもの言いから明らかなのは彼はいまだに橋下・維新の会に軸足を置いたもの言いをしているということです。

飯田氏が「思想や信条を教育現場等で押しつけることへの橋下氏への異議を主張」していたというのはあくまでも選挙戦用のつくり話(ウソ)でしかなかったことは上記の一事を見ても明白です。飯田氏はいまでもあの違憲、違法、不当な思想調査アンケートを強行した反民主主義の道化師、プチ独裁、ポピュリストの橋下のブレーンなのです。

飯田氏を「脱原発」「革新」の旗手として大分に迎えるなど「革新」の旗を掲げる者としてあるまじきことだと私は思います。

元宜野湾市長の伊波洋一さんが沖縄県知事候補者となった先の沖縄県知事選挙(2010年)のとき大津留公彦さん(「大津留公彦のブログ2」主宰者)が

「ブログをイエローのイハ・カラーで埋めつくそう」

というご提案をされたことがありましたが、今度は宇都宮健児氏の東京都知事選立候補宣言に連帯して宇都宮氏支持者のすべてのブログを「宇都宮カラー」で埋めつくす提案をしたいと思います。

14日の「 東京を変えるキックオフ集会」で「宇都宮カラー」及び「宇都宮バナー」が決まればその「宇都宮カラー」と「宇都宮バナー」の普及をしたいと思っています。

関係者の方にはよろしくご検討いただきたいと思っています。

イハ・カラーを私のブログに貼りつけたときの私の拙文より。

ひとりひとりのイエロー作戦は微々たるものでもひとりがふたり、
ふたりが三人になれば大きな力になると思います。

20121109-00000086-mai-000-6-view.jpg  
東京都知事選に立候補表明をした宇都宮健児さん

宇都宮健児さん(元日弁連会長、反貧困ネットワーク代表)がこの11月9日に東京都知事選に正式に出馬表明し、同14日の夜7時から東京・なかのZERO大ホール(1000名以上規模)で「 東京を変えるキックオフ集会」が開かれる予定であることはこちらの情報のとおりですが、その宇都宮健児さんの立候補表明に関してネット上では必ずしも正確とはいえない情報が流れています。その誤まった情報を鵜呑みにして東京都知事選情勢を判断しようとすると宇都宮健児さんへの支援の輪を拡げようとする善意の意志とは逆の思わぬ落とし穴に陥ちてしまう、ということがあるのではないか?

私の懸念とはそういうものですが、私にそういう懸念を抱かせる情報とは次のような情報です。

〔東京都知事選〕社民党と生活党も宇都宮健児候補に「相乗り」
する模様
(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2012年11月9日)

ジャーナリスト 田中稔
https://twitter.com/minorucchu/status/266814693740527616
【速報・拡散を】東京都知事選挙に前日弁連会長、宇都宮健児氏が
立候補を表明。これを受け、国民の生活が第一の山岡代表代行、
社民党の又市副党首、新党きずなの渡辺幹事長らが会談。脱原発
政策で一致するとして、国民連合で支援する方向を確認。

上記の情報は次の点で誤りというべきです。「ジャーナリスト 田中稔」氏発の同情報は国民の生活が第一は国民連合の一員として宇都宮健児氏を支援する方向性を打ち出しているかのように記していますが、ネット上で私も検索してみましたが田中稔氏の上記の情報のほかに同情報を裏づけるような情報はメディア及びネット情報を含めて一切見つけることはできませんでした。

逆に国民の生活が第一のサイトには東祥三同党幹事長の11月9日付けの定例記者会見の模様がアップされていますが、同記者会見で同幹事長は記者の質問に答えて「都知事選に関しても生活としてももし候補が私たちが訴えていることと合致する人がいるならば、と動いていますが、現在のところ『誰が』という形にはなっておりません。また、どなたが出てくるかという全貌も明らかでないので今日この時点ではまだ決めていません」と述べていて、記者の「宇都宮氏についてはどう思うか」という質問に対しても「宇都宮先生に関しては反原発ということを言われています」が「まだ決めていない」と同じことを繰り返しています。

国民の生活が第一が宇都宮氏を支援する方向性にあるかのようにいう同情報の記述は誤りというべきでしょう(したがってまた、国民の生活、社民党及び新党きずなが3党会談を開き、「脱原発政策で一致するとして、国民連合で支援する方向を確認」したという情報自体が信憑性に欠ける情報といわざるをえないでしょう)。

上記の情報がうわさ話程度の拡がりにすぎないのであれば私もこのような趣の「懸念」表明はするつもりはなかったのですが、同情報をもとに法政大学教授の五十嵐仁氏は次のような「宇都宮健児弁護士の都知事選立候補」期待説を述べています。

これで、一筋の光明が見えてきたような気がします。石原前知事によってズタズタにされてしまった都政を立て直せるのではないかという明るい光が……。(略)この宇都宮さんの当選をめざす選挙態勢が次第に広がりを見せてきていることも注目されます。国民の生活が第一の山岡代表代行、社民党の又市副党首、新党きずなの渡辺幹事長らが脱原発政策で一致するとして国民連合で宇都宮さんを支援する方向を確認したという情報がネットで流れ、共産党都委員会などでつくる「革新都政をつくる会」も、「政策が一致している」として宇都宮さんを支持することを決めたそうです。(略)もし、都知事選挙で幅広い政党や政治勢力の共同が実現すれば、同時に実施されるかもしれない衆院選挙にも大きな影響を与えるでしょうし、ぜひ、そうあって欲しいものだと思います。(「宇都宮健児弁護士の都知事選への立候補を歓迎し当選を願う」 2012年11月11日)

宇都宮健児氏の都知事選立候補表明に期待を寄せる思いは私も同じですが、誤まった情報を根拠にした、したがって根拠のない「楽観論」が拡がることを私は恐れます。「楽観論」はいつも選挙戦を危うくします。

14日の「東京を変えるキックオフ集会」を契機にさらに広範な市民の支持と政党支持が拡大していくことを私も切に望みます。

そのためにも「楽観論」は禁物です。支持拡大における市民各層と各政党へのアタックのしかたを誤まらせる恐れがあります。正しい都知事選情勢の認識をもとに宇都宮氏への市民の支持と政党支持を急伸長させる機運、気運をこれも急激、急進的に形成していきたいものです。

もちろん私も東京都知事選のこの戦いへの連帯を強く表明します。
有名人、あるいは著名人がなにかを発言したからと言ってその発言が特段に優れているということにもちろんなるわけではありませんが、有名相当のインパクトはあるでしょう。そういう意味でお伝えしておきたいのですが、佐高信氏が『サンデー毎日』(2012年11月11日号)の「佐高信の政経外科」(連載665)に孫崎享氏の『戦後史の正体』を批判する文章を書いています。

*すでに『kojitakenの日記』などで指摘されていることの二番煎じでしかありませんが、その点はご容赦ください。

そして、この佐高氏の発言内容は妥当だと思いますし、私はこの佐高氏の孫崎享『戦後史の正体』評価を支持します(最近の佐高氏の論調には支持できないところが多いのですが)。

佐高氏の孫崎享『戦後史の正体』評は以下のようなものです。

ベストセラー『戦後史の正体』に載る歴代首相の「色分け」に
                             抱いた違和感

 遅まきながら、ベストセラーの孫崎享著『戦後史の正体』(創元
社)を読み、その評価の軸にのけぞるような違和感を持った。こ
れは、外務省の国際情報局長だった孫崎が「米国からの圧力」
をポイントに戦後史を読み解いたものである。

 その最大のタブーに挑戦したかどうかで日本の戦後の首相を
「自主派」と「対米追従派」に分け、前者に石橋湛山、岸信介、
鳩山一郎、佐藤栄作、田中角栄、福田赳夫、宮沢喜一らを挙げ、
後者に吉田茂、池田勇人、三木武夫、中曽根康弘、小泉純一郎
らを挙げている。

 特におかしいと思うのは、岸、佐藤、福田が「自主派」で、三木
が「対米追従派」であることである。

 孫崎によれば、岸は「従属色の強い旧安保条約を改定。さらに
米軍基地の治外法権を認めた行政協定の見直しを行おうと試み」
た点が評価され、佐藤は「ベトナム戦争で沖縄の米軍基地の価
値が高まる中、沖縄返還を実現」したとして、こちらに入れられて
いる。さらに福田も「ASEAN外交を批准するなど、米国一辺倒っ
でない外交を展開」したのだという。多分、孫崎から見れば、佐藤
のノーベル平和賞受賞もメデタシメデタシなのだろう。

 しかし、日本国憲法を護(まも)ろうとするかどうかというモノサシ
を当てればどうなるか?

 岸、佐藤、福田はいずれも改憲派であり、逆に「対米追従派」に
入れられている三木が護憲派である。

 改憲派は現憲法をアメリカから押し付けられたと主張するから、
それに抵抗して変えようとする岸たちは“自主派”となるのかもし
れない。

 けれどもアメリカはいまは日本に集団的自衛権も認めて改憲せ
よと迫っているのだから、護憲派の方が「自主派」となる。つまり
は三木が自主派で、岸、佐藤、福田が対米追従派なのである。
現首相の野田佳彦も追従派であることは言うまでもない。

(中略)

 『操守(そうしゅ)ある保守政治家三木武夫』(たちばな出版)の
著者、國弘正雄が指摘する如く、「日中国交正常化の井戸を掘
ったのは田中角栄ではなく三木武夫」だった。三木が井戸を掘り、
田中が最初の水を飲んだのである。中国との関係を重視する三
木や田中が護憲派で、むしろ敵対した岸、佐藤、福田が改憲派
というのも偶然ではない。私から見ると、孫崎の見取り図はいさ
さかならず有害である。

対して、社民党委員長の福島瑞穂氏は孫崎享『戦後史の正体』評を次のように述べています(2012年10月8日)。

@magosaki_ukeru 戦後史の正体」は、本当に面白く、有益でした。
いろんな資料や歴代首相の見方など参考になりました。私は辺
野古沖に基地を作ることに反対し、大臣を罷免になったので、外
務省、防衛省などの役所を変えることができず、悔しかったです。
これからもがんばります!

すでにご紹介していることですが、社民党委員長の福島瑞穂氏が「本当に面白く、有益でした」という『戦後史の正体』には「日本国憲法は、米国が作成した草案を日本語に訳し、少し修正を加えた」(p80)だけのものにすぎないという「押しつけ憲法論」が展開されています。「押しつけ憲法論」のゆきつくところは自主憲法制定論(前憲法破棄)あるいは復古的改憲論であることはいうまでもありません(wiki『自主憲法論』)。福島氏はいつから「改憲派」に鞍替えしたのでしょう? 彼女の言う「憲法改正や新自由主義的な傾向が拍手を浴びている状況に危機感を持っている」(中国新聞 2012年9月2日)という言質と「(『戦後史の正体』は)本当に面白く、有益でした」という言質の間にはどのような整合性があるというのでしょう? 社民党及び福島瑞穂氏は右傾化の坂を急速度に転がり落ちていると評価するほかありません。「もはや社民党は歴史的使命を終えた。社民党を解散して新しい社民主義政党を結成する必要があるのではないか」(『kojitakenの日記』「やはり! 小沢新党「国民の生活が第一」は集団的自衛権の行使に賛成」 2012年9月16日)という声が出るのも当然のことと言わなければならないでしょう。