キョウ ひまわりうんどう
立法院を占拠した学生たち(台湾・ひまわり運動)

Blog「みずき」:東アジアに広がる「いまどきの『独立』」(野嶋剛元朝日新聞記者)という記事に関連して気になる点について私の意見を述べておきます。興味深い記事ですが、ただ、記事中に台湾のひまわり運動、香港の雨傘運動、日本のシールズ運動を比較して台湾や香港の青年運動は政治参加を志向したが、「日本のシールズは対照的に政治参加を志向せず」云々と記されている箇所がありますが、シールズは青年の独立した組織というよりも、背後に政党が控えるその政党のひもつき組織というべき運動体だったから「政治参加を志向せず」ということなのだろう、というのが私の見方です。その点、同記事は、日本の政治情勢について知見が足りておらず、その分分析も表層的であるというのが私の評価です。

【山中人間話目次】
・東アジアに広がる「いまどきの『独立』」(野嶋剛(元朝日新聞記者) Yahoo!ニュース)寸評
・もうひとりの「埋め立て承認撤回 機は熟した」論。本田博利さん(元愛媛大学法文学部教授・行政法)の見解
・常岡浩介さん(フリージャーナリスト)の内藤正典同志社大学教授批判
・人の人権に関わる問題を国家の取引材料にするプーチンを私は許せない
・ネーミングがよい――「so-called President(いわゆる大統領)」(マイケル・ムーア)×「でんでん無知無恥宰相」(太田昌国)会談
Secret

TrackBackURL
→http://mizukith.blog91.fc2.com/tb.php/2181-3d355765